仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

ファイルがすぐに見つからない病の方。デスクトップをキレイに保つ方法です

読者各位
 
おつかれさまでございます。
どうもネコハチです。

 

今回はタイトルどおりmacのデスクトップ画面をキレイにする話です。
みなさんデスクトップ汚れていますか、どうですか。
僕はこんな感じ、何も置かれていない状態です。

ただデフォルトの壁紙をキャプチャしただけに見えますが、僕が使っているのは21:9のウルトラワイドモニターで、画角が横長なのでお分かりになるかと思います。
 

 

時間がないので先に結論を書きますよ。

環境に依存しない仕組みを構築すれば、デスクトップは汚れない。

では汚れる原因からはじめてどうすれば解消できるかを書いていこう。

 

①:デスクトップが汚れる原理(心理的)

圧倒的に多いのがまずコレだろう。何も考えていないので「とりあえずデスクトップに保存する」状態。この「とりあえず」というのはかなり厄介で、それでいてみんなが大好きな言葉だ。普段の会話でもよく聞くだろう、「とりあえずそこに置いていて」とか「とりあえずこの書類作ります」とか。
ちょっと待てと。データをダウンロードしたのは何かしらの目的があってのはずで、よく考えれば「とりあえず」には絶対ならないのだ。
このとりあえずという病は恋みたいなものだからそう簡単におさまりはしない、最悪、死ぬまでつづく。
だから今回は、この病気を持ったままでも改善する方法を考えなければならない。

 

②:デスクトップが汚れる原理(物理的)

次に多いのは、忙しすぎるからだろう。忙しさの質が重要なのだけど今回は脇に置いとく。
物理的に忙しいと、データの保存場所を考える暇さえなかったりするのだ。会議が終わってメールソフトを開くとどえらい数のメールが溜まっている。その状況に若干ひよってしまって1通開いてデータを落としてろくすっぽ読まないまま次のメールへとはしごする、そしてその次も…こんな経験ないだろうか。
この忙しさ自体を僕が軽減することは難しいが、そんな状態でもデスクトップを汚さない方法は、ある。

 

③:整理という概念を持ち合わせていない(原始的)

これはごくごく一部の方だろうし、もしかしたらデータを整理しないですべて、直接検索で探し出すという凄腕の可能性もあるので特に説明はしない。
ここまででデスクが汚れる原因はわかったかと思う、
一言でいえば、「忙しいからとりあえずデスクトップに保存する」だ。

ではこれをどうすれば解消できるのか。
冒頭で僕は「環境に依存しない仕組みを構築すれば、デスクトップは汚れない」と書いた。
わかるようでわからない言葉なので、丁寧に書いていく。

精神論が役に立つときはあまりない。
これは自分が生きてきてかなり真実めいていると思っている。デスクトップをキレイにできないのはやる気がないからとか、とにかくキレイにしろとか、そういうので改善するものではない。あくまでも人間は仕組みで縛らないと本来の力が出せない、そういう生き物なのだ。

環境に依存しない仕組みは何を意味するか

ここで言う環境とは、その人の忙しさや性格などを指す。だからこの仕組みを構築できれば山田さんにも上手くハマるし、時任さんにもハマるはずだ。
具体的な仕組みを解説する。

予め断っておくが、先に書いた「全データを直接検索で探し出す」ユーザはここに当てはまらない。またgitなどで管理する人もここには当てはまらないと思う。
僕らが普通に考えうる、階層構造でデータを管理する人が対象だ。
 

では具体的な話に入る。
案件に関わらず必要なファイルおよびフォルダを自分好みの階層構造でまとめる。
平たく言えば、フォルダの雛形を作りましょうという話です。

 

これを聞いて「アホっぽい」と思ったあなたは鋭い、実際この話はアホなのだ。
その開いた口を少しだけ塞げられるよう、フォルダの雛形について書く。
下記は僕がいつも使っているフォルダの雛形だ。
 

 
僕は案件ごとにフォルダをまとめるのが使いやすいので第一階層にはクライアント名が来る。
第二階層には大項目として主要な名前が並んでいるのがわかる。ここまでで殆どのデータはいずれかの箱に収まるようになっている。
 

そして最下層を見てみると、各種必要なデータの雛形を入れている。
これは99%の案件でつかう見積もりだったりスケジュールだったりがそれに当たる。
ここまで書いてくるとフォルダの雛形があるとどう便利なのかがわかったかと思う。
 

つまり、ダウンロードするデータが現存するフォルダ群に収まらないから、デスクトップに保存してしまう。
それが雛形さえあればさくっとコピペしてA案件だのBプロジェクトだの名前を付けてそこに保存することができる。これならアナタがどんな気分だろうとどれだけ忙しかろうとデスクトップが煩雑になることはないはずだ。
 

さらに言うとこれを徹底すると何が起こるか。それは「デスクトップに保存されたファイルは一時的に使用して削除OKなもの」という整理もできるようになる。
つまり特定のフォルダに入れずとも、その場で確認すれば用済みなファイルはデスクトップに保存すればよい。そして一日の作業終わりに全削除すれば明日もまたキレイなデスクトップで作業を開始できる。
 

いかがだったろうか、実にアホっぽい話に帰結してしまった。
一度騙されたと思ってやってみてほしい。
それで上手くいかなかったら僕のことをアホだと思ってください。
 
 

お疲れさまでした、我が家のネコ動画でも見てひと休止入れてください。
お忙しいところ大変恐縮ですが、
よろしくお願いいたします。
 


 
ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA