仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

重いPDFを瞬殺で軽くしてくれる魔法のアプリPDF Squeezerレビュー

読者各位

 

おつかれさまでございます。
どうもネコハチです。

 

 

PDFって最高に便利なデータフォーマットですよね。
どんなものでも画像的に扱えてしかも、文字の埋め込みが可能だから画像っぽいのにテキストが抜き出せたりする。
だからか仕事でも年々PDFって扱うことが増えています、
かなり昔の規格なのに今も現役なんてそれだけで表彰ものです。
さてそんなPDFですが、
このフォーマットの最大のメリットは単に「画像的になんでも扱える」ことだけではなく、

「画像的になんでも扱えるしかも、『軽量で』」です。

とにかく軽く扱えるんです。
画像が大量に載っていてもかなり圧縮できる。
にも関わらず、圧縮しないでずーっとやりとりしたり保管したりする人もけっこういたり。
これは勿体無い、コンビニの廃棄品くらい勿体無いです。
今回はPDFを軽量に圧縮して200%使いこなすためのアプリをレビューします、
その名も「PDF Squeezer」です!

 
あまりにもシンプルなので、今回はステップ3までもつかわかりませんw
それでは書いていきますよ!

 

準備するもの:テスト用のPDF

テスト用以外では一切利用価値のないPDFを6秒で作りましたw

全5ページにテキストと写真がひとつずつ埋め込まれたものになります。

写真が大きめのデータだったので元データのサイズは【19.02MB】でした。

 

ステップ1:起動

こんな画面が出てきます。
どうですかこの簡素さwにも関わらず操作方法は直感的に理解できます。
つまり左側の枠に圧縮したいファイルをぶっ込めということですね。

 

ステップ2:ファイルをぶっ込む!

ドロップしてすぐに圧縮がはじまります

圧縮が完了した結果がコチラ!!

97%の圧縮です、えぐいほど圧縮してくれます。

ウィンドウ下には各メニューが並んでいて、デフォルトだと圧縮時の解像度は150dpiになっています。

通常モニターで見るだけならそれよりも小さい72dpiでも足りるので150dpiなら文句のつけようがありません。

でもなんとなく貧乏性とは違うのですが「少しでも高画質がいい、でも軽いほうがいい!」と僕は思ってしまうため、

それより上の300dpiで圧縮し直してみました。

 

したところ…

数十キロバイトの増加しか見られませんでしたw

圧縮率はもともとのPDFに埋め込まれている画像の形式などによって大幅に変わります、

今回の僕のThis is catは圧縮に向いていたようです!

 

ちなみにこちらが圧縮後のPDFです、

もちろんページに貼るために画像化してはいますがほぼほぼ見た目は元データと同じかと思います。

 

PDFの圧縮するソフトはたくさんありますので、もし購入を検討されている方がいらっしゃれば候補のひとつにするのもありかもしれませんね!

●itunesのDLページ

https://itunes.apple.com/jp/app/pdf-squeezer/id504700302?mt=12

 

 

 

お疲れさまでした、我が家のネコでも見てひと休止入れてください。
お忙しいところ大変恐縮ですが、
引き続きよろしくお願いいたします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA