仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

まだ使ってないの?ひとりブレストの決定版、Scappleの使い方まとめ!

読者各位

おつかれさまでございます。
どうもネコハチです。

みなさんは普段の仕事でひとりブレストやっていますか?
企画系の仕事はもちろん、どんな仕事・職種でも必ずやっているかと思います。

例えば、どういう表ならメンバーにとって見やすいか、とかどのような文書を上司は望んでいるだろうかとか。
それらの考え事を素早く、高い質にするのがアウトプットを書き出していく方法です。
それをPCで実行できるのが今回のScappleです。

●itunes
https://itunes.apple.com/jp/app/scapple/id568020055?mt=12

●公式サイト
https://www.literatureandlatte.com/scapple.php

itunesや公式サイトだとどれくらい便利かがわかりにくいので、何が凄くてどのように使えるのかを解説していきます。

使ってみましょう!

起動するとこんな感じのキャンバスが表示されます。
キャンバスのサイズ自体は自由に変えられますので、あまり気にせず使っていきます。

 

考えるお題は「飲み会の店はどこがいいだろうか」という社会人らしいものにしてやってみます。

まずは何も意識しないで思いつく限りの可能性を書きます。

手当たり次第書きまくって、収束させることは考えません。

用紙いっぱいになってきたのでドラッグして用紙を広げます。

そうしていくうちに候補らしい店や、気を付けたほうがいいポイントが出てきました。

アウトラインや文字は色・太さを変更できるので目立つように赤色にしましょう。

優先順位を定義しないとお店を決めづらいことに気が付きました。

そこから更に書いていくと、書いてきたのはいいけれど答えが微妙に出せない感じになってきました。

安くて旨い店は必ずしも万人向けするわけではありませんし、その会に照らし合わせてみるとベストとも言い切れないと思ったからですね。

そこでもう一度、優先順位を決めるために枝葉の要素は全て削除してはじめから考えていきます。

こうすることで頭の中をスッキリさせながら答えへと一歩一歩着実に進んでいくことができるというわけです。

ここまでにかかった時間はたったの3分。

それでも頭をフル回転させて書き殴ったおかげで一定以上の精度をもった答えが出せそうです。
ScappleはPDFでの出力が可能なので、バーっとひとりブレストでアイデアを書き出してそのまま打ち合わせに臨んでもいいですね。
そうすれば「自分はこういう考えでアイデアをつくった」が一目瞭然ですし、変に会議用の資料をつくる無駄な時間も省けます!

Scapple

お疲れでしたら我が家のネコ動画でも見てひと休止入れてください。
お忙しいところ大変恐縮ですが、
よろしくお願いいたします。

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA