仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

今さら聞けないWordPressで画像挿入を秒殺で終える方法

読者各位

おつかれさまでございます。
どうもネコハチです。

WordPressの画像挿入って普通にやっていると意外に時間がかかりますよね?
手順としてはシンプルなんですが、チリツモで時計の針がずいぶん回っていることがよくあります。

そこで今回はとっても簡単に画像を挿入する方法を書いていきますね!

①:プラグイン「OnePress Image Elevator」で行う方法

この画像もこのプラグインを入れて貼り付けたものです。

手順は【プラグイン】⇨【新規追加】⇨【OnePress Image Elevator】で検索すると下記のように表示されます。

そしてインストールしてから新規投稿の画面を開くと新しいショートカットが出ています。
リアルタイムにこの記事を書きながらキャプチャしているのでわかりづらいスクショですみませんw
左側のチェックがついたアイコンをクリックすると最上部に「コピペすると画像が貼れるようにする」というチェック項目があるのでそちらをチェック。
それ以外はプレミアム版を購入しないと使えないのでスルーしましょう。

あとは貼り付けたい画像をコピーして貼り付けたい文章位置でペーストすれば完了です!
貼り付けるとローディングアイコンが回りはじめます、通常のアップロード時間と大差ないです。
コピペだけで画像を貼れるとかなりラクなので是非見てみてください。

②:アプリ「Skitch」を使って行う方法

ブロガーやネット系のお仕事でデータに対してよく赤字を入れている人はご存知だと思います。使っていない方でもテック系のブログでこういう矢印を使ったキャプチャを見たことはあるんではないでしょうか?

Skitchはevernoteがリリースしている画像編集アプリで、特に矢印を引っ張ったり四角で囲ったりと、画像上に説明要素を追加することに優れたソフトです。
さらに加工した画像の保存方法がユニークでウィンドウの下の出っ張りをドロップして保存するんです。

そして今回はこの方法を応用します。
応用と言ってもそのままなのですが、画像の加工が終了したら、出っ張りをクリックしてそこからWordpressの本文にドロップします。
すると通常のアップロードと同じ画面に移行します。
これならその都度画像を保存してアップロードする手間が省けるので効率よく画像を貼っていけそうですね。

 

いかがでしたでしょうか?どちらも使い勝手がいいのでもし記事作成で時間がかかっている方は試してみる価値ありです。
ちなみに僕は用途に合わせて併用しています、元々持っている画像を貼るなら①、説明用画像なら②というように!

お疲れさまでした、我が家のネコ動画でも見てひと休止入れてください。
お忙しいところ大変恐縮ですが、
よろしくお願いいたします。

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA