仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

AirDropで効率よくデータ共有を!使い方を簡単にまとめました

読者各位
おつかれさまでございます。
どうもネコハチです。

今回はデータ転送機能「AirDrop」のお話です。どうですか、使ってますか?実装されてからだいぶ経ちますので上手く使われているかと思いますが、もしまだの方がいらしたらこの機会に是非!それではさっそく概要から使い方まで説明していきますよ!

AirDropとは何か

公式サイトはこちらです。

少々簡潔に書かれすぎているので、もう少し分かりやすく書いていきます。まずAirDropとはappleが開発したBluetoothをつかってデータ転送を実現する機能です。「非接触でデータを送受信できる」と言い換えることもできますね。

使い方iPhone篇(写真を送る場合)

1.【設定】から【Bluetooth】をオン

2.【写真アプリ】から送りたい写真を選択

3.画面左下の【送るアイコン】をタップ

4.画面中央の【タップしてAirDropで共有】に送り先が出ているかを確認

 

5.送り先の表示をタップ

※注意

  • WiFiはオンになっていないと正常に動作しません。

使い方mac篇(写真を受け取る場合)

1.Bluetoothがオンになっていることを確認
2.送信されると基本的には何もしなくとも受信されます。

※注意

  • iPhone同様で、WiFiはオンになっていないと正常に動作しません。
  • 送信側のiPhoneとテザリングをしている場合は送受信ができません。
  • 送受信の対象を「すべての人」にしておくと検知しやすくなります。適宜調整しましょう。

転送速度できるファイル

  • 静止画
  • 動画
  • メモetc…

こんな時に使える①:カメラで撮影したデータ

ブログや企画書にスマホの写真を貼り付けることってよくあると思います。以前であればメールに添付してPCに展開したりしていましたが、AirDropがあれば速攻で転送が可能です。

こんな時に使える②:友達に写真を送る

友達と写った写真もその場で共有が可能です!LINEで共有することが多いかと思いますが、LINEはデータ添付時に圧縮されてしまうので、キレイな写真を送りたいならこの方法がおすすめです!

目安の転送速度

体感的にはなかなかいいスピードが出ているのですが、ちょっと気になったので調べてみました。
AirDropは4.0以上をサポートしている端末が対象なので、Wikipediaによるとこんな感じです。たったの1Mbpsですが写真ならおおよそ2〜3MBなので2,3秒で転送が完了しますね!

4.0 Bluetooth Smart (Low Energy) アプリケーションスループット:260kbps
データレート:1Mbps
4.2 Bluetooth Smart Data Packet Length Extension アプリケーションスループット:650kbps
データレート:1Mbps
5 データレート:2Mbps, 1Mbps, 125kbps
https://ja.wikipedia.org/wiki/Bluetooth


お疲れさまでした、我が家のネコ動画でも見てひと休止入れてください。
今後ともひとつよろしくお願いいたします。

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA