仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

ブログを続けるコツはマークダウン記法にある!

不思議なもので、好きではじめたのにブログを続けるのが辛くなったりしますよね。ネタ切れだったり読者からの反応を得られなかったりと幾つか理由はありますが、その中でも『作成時間』がネックという人は多いかと思います。
そこで今回は効率よく思い描いたとおりにテキストを書く方法をご説明しますね。順を追って書いていきます。

ブログはある意味総合芸術である

多くの記事はテキストと画像、動画で構成されています。当たり前にやっていると気がつかないのですが、雑誌や書籍の場合、原稿とヴィジュアルの作成者は異なっていたりします。(全部こなすライターさんもいらっしゃいますが)さらにはどういう記事にするかの企画も自分でやる必要があります。つまり、大変なのは当たり前なんですね。

ブログは書道である

今もそうかと思いますが、小学生は夏休みなどの長期休みには習字を書かされます。僕も書きました。授業でもごくたまにありましたが、筆で半紙に文字を書く作業は非常に難しい。ただでさえ下手くそな字がより一層輝いてしまいます。ブログもそれと一緒でアメブロやハテナ、wordpressなどが用意したブログシステム上にテキストを打ち込んでいくので、思ったとおりの表示にならなかったりします。改行が消えたり、付けてないリングが付いていたり。もっと書きやすい環境はないのでしょうか。

マークダウン記法がアナタを救う

初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんね。マークダウン記法とは簡単なコードを記述するための仕様です。通常ブログを書いている方はブログシステム上の実際の見た目に近いモードか、HTMLが記述できるモードで作成しています。ただ上述したとおり、ブログシステムは熟練者でも使いこなすのが難しかったり、動作が重いなど、必ずしも記事を執筆しやすいわけではありません。
反面、マークダウン記法はシンプルなルールで設計されているのでその日から使いこなせます。あっ、書き忘れていましたが、マークダウン記法は簡単にHTMLへ変換できるので、変換したものをブログシステムにペーストすれば記事がつくれる、といった具合です。

マークダウン記法のシンプルなルール

HTMLに開始タグと終了タグがあるようにマークダウンにもルールがあります。と言っても大したものはなく以下を覚えていればまずは十分です。

  • 幾つかの記号で多くの表現が賄える
  • 記号と本文の間に半角スペースを開ける

マークダウン記法を使ってみよう

それではここで記事でよくつかうタグを用いながら使い方を説明していきます。

pタグ

恐らく多くのブログでは何も指定しないで書かれたテキストはpタグでくくられています。本来もひとまとまりの文章を括るのに使われます。

hタグ

見出しはどの記事でもたいてい必要ですから使ってますよね。

# テスト
## テスト
### テスト

太字

目立たせたいけど見出しではない文字に使いますよね。

**目立ちたい**
__目立ちたい__

改行

pタグ内で改行をしたい場合には、行末に半角スペースを2つ以上入れます。それ以外は各要素が独立しているので自然に改行はされます。

引用

人のページやニュースを参照して記事を書くことはよくあります。

>これが引用元
>これが引用元
>これが引用元

水平線(区切り線)

頻度は少ないですが、話題が完全に独立している場合などに使いますかね。どれでも同じ表示のされ方になります。

***
___

* * *

HTMLに変換しよう

コピペで変換してくれるサイトが幾つもあひますので、使いやすいものをお選びください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA