仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

macで画像に注釈を付けるのは未だにSkitchが最強です!

PDFに赤字を入れたりブログでキャプチャにコメントを付けたりと、画像データに文字や矢印等のオブジェクトを載せることが多くなりました。毎年新たなアプリが出ていますが、未だにskitchがmacユーザにとっては最良のアプリであることには変わりありません。そこで今回はskitchをまだの方のために使い方のご紹介をしていきますね!それでは早速書いていきますよー!

skitchとは

まずは簡単にskitchの概要です。以前書いた「今さら聞けないWordPressで画像挿入を秒殺で終える方法」の文章を引用しますね。一言でいえば「神アプリ」ということです。

Skitchはevernoteがリリースしている画像編集アプリで、特に矢印を引っ張ったり四角で囲ったりと、画像上に説明要素を追加することに優れたソフトです。さらに加工した画像の保存方法がユニークでウィンドウの下の出っ張りをドロップして保存するんです。

 

プレビューのマークアップ機能は遅い

macユーザなら日々プレビューを使用していることかと思います。サクッとデータの確認を行ったり、リサイズなどの作業が簡単に行えます。さらに今回のように画像にテキストを載せたりもできたりと、まぁ万能ソフトですね。ただ万能ソフトであるが故に、「画像に注釈を載せる」ことに特化したskitchと比べると若干まどろっこしい。無闇にアプリを増やすことは僕自身好きではないのですが、skitchだけは入れない理由を考えるほうが難しい。それくらいプレビューと比べても秀でたソフトではあります。

それでは早速使ってみましょう!

まずは以下からダウンロード。既に開発は終了しているのですがまだまだ現役で使えます。インストールの手順はいつものとおりですので割愛します。

起動します

こんな画面が表示されます。各ボタンの紹介も書いておきました。

 

使用例

こういう感じで使えます。しかも本当に特化型のソフトなので非常に軽量でサクサク動きます。ストレスフリーでどんどんコメントを書いていきましょう!

どれくらい早いかはこれを見ればわかります

操作している様子を撮影しました。たったの7秒ですが矢印を引いたりモザイクを付けたりがパパっとできるんです。

他のアプリ

skitchが開発終了したこともあって、他のアプリを検討されている方もいらっしゃるかと思います。僕はskitchのUIが非常に好きなのでなかなか離れられませんがかなり似たソフトとして「monosnap」というフリーソフトがあります。winだとscreenpressoがそれに近いですね。機能はほぼほぼ同じようなので、skitchが対応していないOSがあればこちらも候補としては良いかもしれませんね!

 

 


お疲れさまでした、こちらのネコ動画でも見てひと休止入れてください。
お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA