仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

ブログでネタ切れしないたったひとつの簡単なテクニック

毎日企画書を書いたり写真を撮ったりする合間に記事をアップしているネコハチです。ネットには多くの個人ブログ、サイトがあって、当たり前ですが誰かが日々原稿を書いています。書く話題に溢れた人もいればいわゆるネタ切れで四苦八苦の人もいるでしょう。今回はそんな毎日苦しい日々を送っている方に向けて書いてみます。先に結論を書いていきます。

検索ワードをネタ元にして記事を書く
これだけでもうネタに困ることはありません。

ブログの目的はなんだろう?

これはビジネスに特化している人そうでない人でまず大きく変わりますね。前者は収益を重要視しつつそのブログで何を世の中に還元できるだろう、というようなことを考えていて、後者は自分の発信したい情報を自分都合で書いていくスタイルです。ここでわかるのは、マネタイズしないブログを趣味で運営している人はネタ切れしないってことです。
たとえば僕はとある仕事をきっかけにPS4にハマったのですが、同じソフトを延々やっていた時期がありました。周りからみれば奇特かもしれませんが本人は満足してやってるわけです、なんだったら同じゲームなのにまだまだ発見があったりとまぁ満足しているわけです。これと完全なる趣味のブログは同じで、当人が飽きさえしなければ更新の頻度や内容はどうということないのです。

 

自尊心というアレ

ここまでで反論したくなった方もいるでしょう、俺は執筆が好きで、文章で人から認めてもらいたいからやってるんだと。その気持ちは大事ですしみんなが少なからず持っています。ただそういう人の多くでも、ブログの収益結果を話したがります。お金の話をするといやしいと蔑んだ目で見られる風潮があるのは大変残念で、稼ぐことは本来大変重要なはずです。それならば変に隠したりせず、そのモチベーションを上手くブログ運営に結びつければ良いんです。

 

イベントや読書だけではネタは尽きる

よくイベントに参加したり読書すればそれをレビューしたりできるからオススメ、などと書いている記事がよくあります。それは半分正解で半分は間違ってるかなと。というのもイベントに行くというのはそもそもそのイベントが扱う情報やサービス、プロダクトに興味があるからであって、『ネタに困ったから行ってみよう』とはならないはずなんですね。(それができるのはそもそもモチベーションが高い人だと思います)
そしてもうひとつの読書。これも同じでネタのために何時間も本を読むのはあまり現実的ではありませんし、結果せっかく読んでも吸収できなさそうです。じゃあどうするのか、ということですよね。

 

検索ワードの先にはお金とユーザーがいる

みなさんは記事を書く際どうやってますか?自分の主張を書きたいように書いていて変える気がない方にはオススメできませんが、そうでないならきっとナイスな武器になるでしょう。
Googleの検索ボックスに任意のテキストを入力するとサジェストが表示されます。これは実際のユーザがかけた検索を元にされています。つまり、そのワードや複数ワードにどれだけユーザが紐付いてるかがわかるわけです。
ここではタイトルで煽ってPVを稼ぐはてな系は一旦置いておきます。
同じ話でも疲れている言葉で流入は別物になります、それは『ユーザにとって最適なものを出す』のがGoogleの使命だからですね。ココから何かできそうな気がしませんか?

キーワードチェックツールでニーズを洗う

有名なところだとGoogleのキーワードプランナーキーワードウォッチャーですね。これらのツールで自分が多少でも興味のあるものを検索します。するとユーザがどんな言葉にどれだけ関心があるかを数値で理解できます。それによって需要のある記事も浮かんできますし、そもそも自分の関心がある話題ですから自然と、スムーズに頭を回転させて何かをひねり出してるのではないでしょうか?

2016年にキーワードプランナーは完全有料化してしまったので、お試しならキーワードウォッチャー(1ヶ月20回限定)でも良いかもしれません。

ゼロからイチを作る必要はない

ノットアーティスト画像
もうこれ関連の話は言い尽くされていますし、何より確かなことです。かの有名なAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズでさえこう言っています。

ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」と言った。

程度の差こそあれ、全ての創造には影響を与えた祖先があります。ですから自分の中から勝手に湧き上がった事柄だけを記事にする必要もないですし、そんな考えは邪魔なだけだと僕は考えます。1を1.1にするのだって素晴らしいことで、それを続けていけばいつか10にだって届くかもしれません。
なにより大切なことは『ブログをやりたい』と思った、過去の自分を肯定してやり続けることではないでしょうか。

さぁ、検索しよう
きっと何かのきっかけが掴めるはずです!

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA