仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

【ビジネス本】仕事で自分の立場を確立するための戦略

転職や就職活動をしている方はもちろん、ビジネスマンなら一度は「自分の価値」について考えたことがあるかと思います。数年前に比べてビジネスの至る所で自動化の波が押し寄せてきています。例えばトンネルの掘削工事を主たる業務としている安藤ハサマという会社では、掘削工事の際におこなう職人の代わりにディープラーニングを導入したりしています。もちろんこれはかなりピンポイントの話ではあるものの、これに類することは僕たちの身近でも起きています。
そこで今回は、そんな激動の時代に「いかに自分のポジション、地位を確固たるものにするか」の参考になる本の紹介です。
もともと自分用にメモした内容を下敷きにしているので、『ポイント』でいくつかわかりづらいところがあるかもしれません。そのあたりは大目に見てもらえると助かります。

タイトル

自分だけの「ポジション」の築き方/本島修司/WAVE出版

僕的な点数

冒頭で引き込まれた。パンクがここにある。自分のこだわりを見つけて、それを突き詰めろ。
92 / 100

読んだ目的

それまでの競馬論を全否定する「本島流」が成立した経緯を知りたい。

要約

アマチュアでいいとか御託を並べるな、常に上の位置で動けるポジションを見つけるんだ。そしてそのポジションがなければ、突き詰めた自分の力で作り出せ!突き詰めればあなたなりの方法論、すなわちアルゴリズムを手に入れられるはずだ。自分が勝てる舞台を見つけて常にその第一線で戦えるようになるべき。

一般化(他のことにも適用できるよう学んだことを一般化する)

  • 突き詰め

ポイント

本文でメモしておきたいと思った箇所を書いています。

★プロローグ

ポジションなんて決められた椅子の数だけだと思うかもしれない。しかし、現実は違う。ポジションがないなら、作ればいい。椅子がないなら、置けばいい。そこに、あなたが座ればいい。

★第2章:ディープラーニングの仕組み

まずは持ち込むこと、一歩踏み出すことだ。最初から「これでプロになるぞ」なんて考えないほうがいい。そんなことすれば失敗したとき「才能がなかった」と諦める後押しが強まるばかりだ。最初は仕事になるかわからないくらいの、軽い遊び半分な気持ちでいい。遊びだってやり込んでいくうちに恐ろしいほどハイレベルなことをしているなんて、よくあることだ。「上手くなるなんて、あとでいくらでもできるんだぜ」と言い聞かせよう。

その中で重要なことは3つだけ。
1.自分が一番好きな世界で動くこと
2.自分に向いている役回りで動くこと
3.その役回りの中で腕を磨く鍛錬と勉強を怠らないこと

  • 僕は自分に文章力がないと自覚していた。けど僕が書けば少なくとも、中身はあると思った。
  • 現状の市場・業界を鑑みた上で第1歩を踏み込んでいる。
  • 本当に好きなことは「最前線」でやらなければならない。ココで言う最前線とは、マスベース(仕事としてやる)ということ。この本では強くそのことを言っていく。

以降は是非購入して読んでみてください!以下の画像から詳細ページにリンクしています。

自分だけの「ポジション」の築き方


お疲れさまでした、我が家のネコ動画でも見てひと休止入れてください。
今後ともひとつよろしくお願いいたします。

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA