仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

【YouTube】説明文で再生回数を伸ばそう!!書き方紹介

どうもネコハチです。最近は仮想通貨の記事ばかり書いていて、元々の効率化関係が疎かになっていてすみません。回線速度の向上やスマホの普及で、数年前に比べると動画を公開する人が激増していますよね。ただアップするだけで満足する人なら別ですが、大半の人はひとりでも多くの人に見てもらいたいと思っているでしょう。そこで今回はちょっとしたコツで再生回数を伸ばすテクニックをご紹介します。

それでは早速書いていきますよ!

そもそも1日にどれくらいの動画がアップロードされているか?

YouTubeへアップロードされる動画の合計時間は約2億時間と言われています。2億ですよ2億!もうどれくらいの量なのか想像もつきませんよね。それほど多くの人が動画をアップしているのですからただ公開しただけでは誰の目にも止まりません。さらにすっかりお馴染みになりましたがYouTuberと呼ばれるたくさんのファンを抱えているアカウントはどの動画カテゴリーにも存在しますので、みてもらうことがどれだけ困難かお分かりいただけるとかと思います。

どうして説明文が必要か?

あなたが普段、YouTubeで動画を見る時に説明文を読んでいますか?まず読んでいないですよね、だって動画を見に来たのだし動画に載っていない情報など興味がないと思います。僕も同じで好きなアーティストのチャンネルでさえ説明文に何が書いてあるかなど知りません。では、なぜ必要か。それは先ほど書いた「大量に公開される動画」が大きく関係しています。
毎月2億時間も追加されていく動画を人の手で整理していくのは普通に考えて不可能です。当然YouTubeもボットが自動で整理をしていて、検索結果に表示させる動画も関連動画に表示する動画も自動で決められています。つまり説明文とはユーザのためにありつつも、主たる役割はYouTube側に「この動画はこういう内容です」というのを伝えるためにあるんですね。なので僕は動画に関係することは説明文に過不足なく盛り込んでいます。かなり長文になってはいますが、5000字程度まで入力可能ですし、意味のあるテキストなのでスパム判定を受けることもありません。

説明文は翻訳したほうがいい

これは僕の動画にコメントをしてくれた海外のユーザです。動画には一切英語を入れていないのですがネコ動画なので見てくれたのでしょう。この頃はまだ説明文に英文を入れていなかったのですが、このコメントをもらってからは英文と中文を追加するようになりました。あくまでもボットに対しての説明文ではありつつも、複数の言語に対応している動画はユーザビリティも向上しますし、ボットからの評価も上がると考えるからです。
日本語人口は1億数千万ですが、英語人口は数十億です。主戦場は日本語であっても外国語圏からのアクセスが恒常的にあればそれは立派な武器になります。それでは簡単に翻訳する方法を合わせてご紹介します。

Google翻訳でさくっと翻訳!

作成した説明文をペーストすれば1秒で翻訳してくれます。Google翻訳はこの1年位で大幅に精度が向上したので、手直ししないでもだいたいの意味は通じる訳文になっているのでご安心を。しかも英語だけでなく80ヶ国語くらいに対応しているので、自分の動画をよく見てくれている言語の翻訳もきっとできちゃいますよ。

訳文の追加方法

YouTubeのクリエイターツールにアクセスして【動画の管理】から編集ページに入ります。メニューに【翻訳】があるのでそれをクリック。

クリックすると元テキストが左に表示されていて右に訳文を入れるテキストフォームがあります。ここに先ほど翻訳したテキストを流し込めば完了です。これで外国語圏の人がアクセスした際には対応した言語の説明文が表示されます。

地味なことですが、ちゃんと効果は出ると思うので是非お試しくださいませ!!

 

お疲れさまでした、我が家のネコ動画でも見てひと休止入れてください。
今後ともひとつよろしくお願いいたします。

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA