仮想通貨をイチからはじめます

これからの通貨の主役となる仮想通貨の運用をスタートしました。詳細は【メニュー】の【仮想通貨】から!

【Airdrop速報!!】取引所WCXのトークンが今ならもらえる!!

どうもネコハチです。
昨日あたりから英語圏で公開されだしたWCXの情報です、誤りがありましたらTwitterでコメント頂けると大変ありがたいです!

それでは早速書いていきますよ!

WCXとは

View post on imgur.com


殆ど情報が落ちていないのでアレなんですが、2017/10/10に設立される新しい取引所のようです。

WCXの特徴

サイトを見てみると以下のことが挙げられています。

  • 従来の取引所に比べて手数料が格安である
  • 扱う通貨の多くで発生した手数料の一部をトークン保有者に分配する
  • 高性能なAPIを用意しているから取引しやすい
つまり、これまでの取引所に比べてUIにおいてもコストにおいても抜群に優れているので、多くのユーザが使うことになる。格安な分だけ取引は増えるのでチリツモ方式で手数料の総額は増え、トークン保有者はその恩恵をうけることができるということになります。

Airdropの方法

1.公式サイトへアクセス
2.フォームがあるのでそこにメールアドレスとパスを入力
3.送られてきた確認メールのリンクを叩く
4.トークンの発行&紹介コード発行
5.紹介したい場合はコードをサイトやSNSに掲載

紹介する人数に応じてトークンは変動します。

◯スケーリング
人数⇨トークン
5⇨1000
25⇨5000
100⇨20000
250⇨50000

WCXは流行るのか?

You have been graced by the Psychedelic Pepe. Upvote in 5 seconds to receive a year of dank memes.


まだ全然情報がないのでなんとも言えませんが、取引所がトークンを発行するというのは面白いですね。取引所のシステムに明らかな優位性があれば後発であっても勝ち目はある気がします。たとえば業界最王手のPOLONIEXは取扱総額がデカいので一向にサイトも改修しないですしサポート体制も相変わらずです。一日二日でPOLOに肩を並べるのは無理だとしても競合の弱みを突けるだけのUIを持っていれば勝負はできそうですよね。
あとは取引所は取り扱う通貨もかなり重要になってきます。よく上場を控えた通貨のTwitterやSlackなどでは「Bittrexには上場しないのか?」だったり「tidexゃまともに取引できないぞ」などのコメントが寄せられます。上場したい通貨・プロジェクトに特段デメリットがなければ是非、WCXにもたくさんの通貨を扱ってほしいものです、そしてたくさん手数料を集めてもらいたい限りですね。
手数料自体はもちろん好きではありませんが、薄利多売方式で手数料を集めることはユーザメリットも大きいので僕は賛成です。

こちらからは以上です!!


取引所

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

coinexchange

Cryptopia


役に立ちましたら投げ銭をいただけると大変嬉しいです!

ETH: 0x1d51efeca7acb384e554f4b96f5d6cd9e4255713

BTC: 1AzSdBbLpU7mnhe2PYaBzv3dnfKNYiuhVk

XRP: rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


お疲れさまでした、我が家のネコ動画でも見てひと休止入れてください。
今後ともひとつよろしくお願いいたします。

ネコハチ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA